台風19号がラグビーワールドカップ2019に与えた影響について


台風19号がラグビーワールドカップ2019に与えた影響について

今年、9月20日から11月2日まで、日本でラグビーワールドカップが開催されました。世界各国から20の代表チームが参加した。予選段階では、4つのプールからそれぞれ上位3チームだけが大会の決勝トーナメントに出場できる。残りの8チームを決定するために、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカ、アフリカの地域予選と、プレーオフ、エリミネーション予選が行われました。

残念ながら、台風19号の影響で、抽選により勝ち点2ずつを獲得する試合がいくつか中止となった。10月12日に豊田で予定されていたニュージーランド対イタリア戦は、台風19号の影響で延期になった。横浜で行われたイングランド対フランス戦は中止となり、岩手県釜石市で行われたナミビア対カナダ戦も中止となった。

中止の影響

台風19号の影響で中止となった試合は、予定されていたチームにとって大きな影響を及ぼした。プール戦を勝ち抜いたチームは、1敗でもすれば大会敗退となるため、次の試合は慎重にならざるを得ない。また、グループ首位から遅れたチームには、試合中止による勝ち点差を埋めるチャンスもあった。

試合がキャンセルされたことで、スケジュールの再調整を余儀なくされ、その影響は大会主催者の対応次第で数日から数週間に及ぶこともある。さらに、チームはこのような競争環境の中で計画を変更することによる肉体的、精神的疲労に対処しなければならなかった。

学ぶべき教訓

台風19号による試合の中止は、すべての大会主催者にとって、異常気象や環境条件がもたらすリスクを認識するための教訓となる。特に、台風が頻繁に発生することで知られる日本では、なおさらである。主催者は、このような事態に備え、緊急時対応策を用意しておかなければなりません。

また、多くの試合が再試合化され、各チームに2点ずつ勝ち点が与えられたにもかかわらず、この中断は大会の雰囲気に大きな影響を及ぼしました。これは選手のパフォーマンスにも影響し、中断前に得た勢いを取り戻せないこともしばしばです。このような事態は、長期的には非常に大きな損失となるため、トーナメントのオーガナイザーは、その経験を全体的に考える必要があります。

まとめ

台風19号による試合の中止は、大会参加チームや大会の雰囲気に影響を与えた。このことは、大会主催者にとって、異常気象や環境条件がもたらすリスクを認識しなければならない教訓である。大会主催者は、異常気象や環境条件がもたらすリスクを認識し、緊急時対応策を用意するとともに、起こりうる中断を考慮した上で、大会の全体的な体験を考えなければならない。

出典元
ラグビーリーグワンをお得に見るサイト