社会人の昼食代:みんなはいくら使っているのか?


社会人のランチは意外とお金がかかるもの。周りの人がどれくらい使っているのか、気になるところですよね。なるべく節約したい人や、何か目標があって節約している人にとっては、ランチ代を見直すのもひとつの手かもしれません。この記事では、ランチの平均費用や節約方法まで解説していきます。

1.サラリーマンのランチ代の平均額

ある調査によると、サラリーマンの1日の昼食代の平均は「587円」で、600円弱です。お小遣いが約4万円だとすると、1ヶ月の昼食代合計はその約3割を占めることになります。

2.サラリーマンの平均費用

一方、OLのランチ代の平均は674円で、男性より100円ほど高くなっています。また、20代OLの平均は762円と最も高い。このことから、子育て世代で節約志向の強い30代を除けば、どの世代も男性よりランチ代が高い傾向にあることがわかります。

3.余分な出費

別の調査では、ランチに1,000円以上かける人もいることがわかりました。その中には、外食中に買ったデザートやお菓子に食事を置き換えたり、旅行代やタクシー代などの追加出費もあるようです。

4.ランチ代を節約する方法

昼食代を節約したい場合は、自宅からお弁当を作るのも一つの方法です。食材を持ち込んで、サラダやサンドイッチを昼食にするのです。こうすることで、安くても健康的な食事ができ、外食時に余計な出費をせずに済みます。

昼食代を節約するもう一つの方法は、安いレストランで食事をすることです。よく、ランチやディナーのセットを割安で提供しているレストランがあります。日頃から外食が多い人は、ぜひこういったお店を調べてみてください。

まとめ

ランチ代は、特に社会人にとってはすぐにかさんでしまいます。ありがたいことに、ランチ代を節約する方法があります。自宅からお弁当を作ったり、安いお店で食事をしたりすることで、昼食代を大幅に節約することができます。今度から、ランチ代に悩んだら、これらの節約術を検討してみてください。