仕事のモチベーションアップに繋がる転職と志望動機の伝え方

仕事のモチベーションアップにはこれが効く!

特集!

  • 集中できるのは「カフェ」
  • 本音で伝える志望動機

本音で伝える志望動機

本音で伝える志望動機

志望動機をネガティブな理由にしない

転職活動を行い面接にコマを進めると、決まって同じ質問をされます。「なぜ以前の会社を辞めて、転職しようと思うのですか」という「志望動機」です。志望動機を集めたアンケート結果によると、「上司への不満」「同僚への不満」など「人間関係の不満」が多くを占めました。つまり転職をする大半の人は以前の会社の人間関係に不満を持っていることになります。しかし志望動機で「上司のやり方に納得できなかった」「同僚が間抜けな人ばかりだった」などとネガティブな話をするのは避けた方が良いでしょう。転職先の企業は「この人は、自分の会社でも人間関係を上手にできないだろう」と判断する可能性が高いからです。人間関係に恵まれなかったのが本当だとしても、そのまま話すのは避けて、「自分のスキルを伸ばせる、新しい環境に挑戦したい」「平均年齢が若い御社のスタッフと協力して成果を上げたい」などポジティブな理由に変換しましょう。

嘘の志望動機はNG

以前の会社に不満を持っての転職の場合、ネガティブな理由で転職することになります。そこで志望動機を上手に言えず、適当な嘘を言ってしまう人がいます。しかし面接担当者は何人もの転職希望者を見ているため、嘘を言っているかどうかはすぐに見抜かれてしまいます。例えば「キャリアアップのため」という志望動機を話した時に、「どのようなキャリアをこれまで築いてきましたか」「そのキャリアを次の仕事でどう活かしていこうと思いますか」などと質問が飛んでくるでしょう。キャリアアップが本当の理由ではない場合、きちんと答えられずに詰まってしまい、面接はうまく行かなくなる可能性が高くなります。ネガティブな志望動機を話すのはNGですが、嘘もNGです。ネガティブな志望動機以外にも、何か一つは採用担当者の心に響く本当の志望動機があるはずです。自分では見つけられない時は、友人や転職エージェントなどのサポートを受けて探してみましょう。

「即戦力」と考えられている

転職活動は新卒時の就活と大きく違うことがあります。新卒時は人柄などを見て、将来性を買われて合格・不合格が決まるのに対して、転職では「戦力になるかどうか」で合格・不合格が決まります。つまり「即戦力の人材かどうか」が大切になります。具体的に言えば「会社に入れることにより、売り上げや業績を上げられる人材」であることが重要になります。そこで志望動機には、自分が転職を希望する会社の役に立つ人材であることをアピールする文面を混ぜるようにしましょう。「これまでの販売実績」「達成したプロジェクトの具体的な内容」「マネジメント能力を示す具体的な事例」などをアピールし、そのスキルを御社の仕事に活かすという感じの志望動機を作りましょう。

待遇面ばかりを強調しない

転職先の会社のほうが給与が良い、福利厚生が良い、残業が少ないから転職をするという人は少なくないでしょう。そのこと自体は悪いことではありませんし、転職先の企業としてもそう思われて悪い気持ちはしないでしょう。しかし面接の志望動機で待遇面ばかりを強調するのは避けたほうが良いでしょう。「楽に稼げるから転職したいのか」と思われてしまうかもしれないからです。そこで「実力主義の出来高払い制度が、仕事のモチベーションを高めてくれると信じています」など、待遇面の良さを仕事のやる気に繋げるような志望動機を考えてみましょう。

当サイト一押しの記事

  • テーマ型orゴール型
    テーマ型orゴール型

    仕事に対するモチベーションが上がらない人は、自分の性格や資質に合った方法で仕事に取り組んでいない可能性があります。人間は「ゴール型」の人と「テーマ型」の人に分けられると言います。ゴール型の人は、目標をきっちり設定して努力を続けることが楽しい人です。テーマ型の人は、おおまかな目標だけを決めて、その日の気分でやりたいことをすると楽しいと感じる人です。どちらが正しいということではなく、自分に合った方法で仕事を進めることがとても大切です。

  • 一番重要なのは職場の人間関係である
    一番重要なのは職場の人間関係である

    仕事をする上で最も大切なことは、「職場の人間関係」と言っても過言ではありません。人間関係が良いと、自然と仕事に対するモチベーションが上がりますし、人間関係が悪ければモチベーションは決して上がりません。仕事に専念するのではなく、日頃から良い人間関係作りのための努力を惜しまないようにしましょう。努力をしても良い人間関係ができないと判断したならば、転職をして新しい人間関係を一から作りはじめるという選択肢もあります。

  • 全てを自分で決断できる
    全てを自分で決断できる

    会社員として働いていて仕事のモチベーションが上がらない時は、仕事のスタイルを変えてみるのもおすすめです。そこで今回はフリーランスとして活躍することの魅力とメリットについて紹介します。フリーランスになると、仕事内容や年収、仕事をする場所や勤務時間について全て自分で決断をすることが可能です。どうしてもやりたくない仕事は断ることができますし、長期休暇をいつ取るのかも自由です。努力が収入に直結することもモチベーションに繋がるでしょう。