人間関係で仕事のモチベーションが下がっているなら転職を検討すべし

仕事のモチベーションアップにはこれが効く!

特集!

  • 集中できるのは「カフェ」
  • 本音で伝える志望動機

一番重要なのは職場の人間関係である

一番重要なのは職場の人間関係である

「人間関係」はモチベーションを左右する

仕事を長く続け、安定したモチベーションを保てている人は、人間関係がうまくいっている人達です。モチベーションを上げるのも下げるのも「人間関係」だと言えるでしょう。若くて自分に自信がある時は、つい仕事に熱中し人間関係をないがしろにしてしまいます。しかし人生はいつも順風満帆とはいきません。仕事に躓いてしまう時も体調がすぐれない時もあります。そのような時に職場の人間関係がうまく行っている人は、自然と周囲の人が励ましの言葉を掛けてくれますし、仕事の手伝いをしてくれます。心の中が幸せな気持ちに満たされ、下がっていたモチベーションもすぐに上向きになります。仕事ばかりに熱中して人間関係を築くことを怠ってきた人は、一つ仕事で躓いただけで、そのままモチベーションを失ってしまうことになるかもしれません。

キャリアアップは人間関係が決める

人間関係をきちんと築いてきた人は、地中に根を張りめぐらせた木のような状態です。たくさんの人から栄養分をもらうことができるため、今はまだ小さな若木でも、いずれ大きく育つことができます。きっと将来は立派なキャリアを築くことができるでしょう。上司や会社からも評価されやすく、楽しくストレスのない仕事人生を送っていけるでしょう。人間関係の根は会社内にとどまらず、社外の取引先や友人にも広がっているはずです。何かきっかけがあれば、社外の起業家などからヘッドハンティングをされて、大きくキャリアアップすることも期待できます。このように人間関係を築くことにきちんと心を配っている人は、自然とキャリアアップへの道が開けているのです。

恵まれた人間関係に身を置く

良い人間関係を築くためには、本人の努力だけでは難しいでしょう。良いスタッフに恵まれ、良い雰囲気の職場で働くことも重要な要素になるからです。企業の方針が「競争」「争奪」などの場合、同僚同士のライバル心が強くなりすぎ、足の引っ張り合いになるなど良い人間関係の構築は難しくなるでしょう。人間関係が悪い職場でモチベーションを保つのは困難なので、転職を考えることになるかもしれません。実際に転職を考える人の理由のトップが「人間関係の悪さ」にあると言われています。あまりにも人間関係が悪い職場である時は、そこに留まろうとせずに転職を考えてみましょう。

キャリアを築くためのステップと割り切ろう

人間関係が良くない職場で働く時は、それが「キャリアアップのためのステップ」と割り切りましょう。様々な経験はきっと将来の財産になります。ストレス耐性を上げる訓練だと思い、一定期間割り切ることで、劣悪な環境が逆にモチベーションになるでしょう。1年なら1年間、期限を区切って頑張り続けたら転職を考えましょう。この1年間の経験があるからこそ、次の職場の環境の良さを身に染みて分かり、仕事へのモチベーションが上がるかもしれません。人間関係が良くない職場で当面仕事を続けなければならない時は、自分が成長できる部分をみつけて、その部分の成長のための貴重な時間だと思うことでモチベーションを保ちます。そして力を蓄えたら、新しい会社へステップアップしましょう。

当サイト一押しの記事

  • テーマ型orゴール型
    テーマ型orゴール型

    仕事に対するモチベーションが上がらない人は、自分の性格や資質に合った方法で仕事に取り組んでいない可能性があります。人間は「ゴール型」の人と「テーマ型」の人に分けられると言います。ゴール型の人は、目標をきっちり設定して努力を続けることが楽しい人です。テーマ型の人は、おおまかな目標だけを決めて、その日の気分でやりたいことをすると楽しいと感じる人です。どちらが正しいということではなく、自分に合った方法で仕事を進めることがとても大切です。

  • 一番重要なのは職場の人間関係である
    一番重要なのは職場の人間関係である

    仕事をする上で最も大切なことは、「職場の人間関係」と言っても過言ではありません。人間関係が良いと、自然と仕事に対するモチベーションが上がりますし、人間関係が悪ければモチベーションは決して上がりません。仕事に専念するのではなく、日頃から良い人間関係作りのための努力を惜しまないようにしましょう。努力をしても良い人間関係ができないと判断したならば、転職をして新しい人間関係を一から作りはじめるという選択肢もあります。

  • 全てを自分で決断できる
    全てを自分で決断できる

    会社員として働いていて仕事のモチベーションが上がらない時は、仕事のスタイルを変えてみるのもおすすめです。そこで今回はフリーランスとして活躍することの魅力とメリットについて紹介します。フリーランスになると、仕事内容や年収、仕事をする場所や勤務時間について全て自分で決断をすることが可能です。どうしてもやりたくない仕事は断ることができますし、長期休暇をいつ取るのかも自由です。努力が収入に直結することもモチベーションに繋がるでしょう。