仕事のモチベーションを上げる考え方「感謝の気持ち」

仕事のモチベーションアップにはこれが効く!

特集!

  • 集中できるのは「カフェ」
  • 本音で伝える志望動機

「感謝」はモチベーションに繋がる

仕事中またはプライベートで、誰かに対して感謝をする機会があると思います。小さなことで言えば、エレベーターの「開」ボタンを押して、誰かがあなたが乗るのを待ってくれている時、あなたの心の中には感謝の気持ちが生まれるのではないでしょうか。その時に内面を良く観察してみると、感謝の気持ちが生まれると同時に心が満たされていくことを感じるはずです。世の中には親切な人がいる、自分が尊重されている、このようなプラスの感情を得ることができるはずです。きっとこのエレベーターを降りた後、仕事に対するモチベーションは上向きになっているはずです。このように感謝をする機会が多い人は、いつでもモチベーションを高く保ちながら生活をすることができるでしょう。
逆にエレベーターで待っていてくれる人がいることを「当たり前」と感じてしまう人は、なかなか感謝の気持ちを持てない人です。心が常に満たされず、仕事に対するモチベーションも上がりにくい人だと言えます。感謝の気持ちを持つことは、クリーンで前向きなエネルギーです。このエネルギーを仕事に活かさない手はないでしょう。

当たり前とは思わない

感謝の気持ちを持つことは良いことだと知っていても、感謝の気持ちをなかなか持てないという人もいるでしょう。エレベーターを待っていてくれる程度では感謝の気持ちを持てないという人は、もっと大きな出来事がないと感謝ができない可能性があります。仕事の大ピンチを同僚に救ってもらった、借金を肩代わりしてもらった、命を助けてもらったなどの大きな出来事です。しかし実際にこのような大きな出来事が日常的に起こるはずがありません。感謝をする機会を増やすためには、まず自分の考え方を変える必要があります。
それは「当たり前とは思わない」ということです。自分が安全に暮らせること、食べ物の心配をせずに暮らせること、仕事があること、健康であることなど、今の状況を当たり前だと思わないことが大切です。人が自分を尊重してくれること、親切にしてくれることは特別なことで、感謝をすべきことだと考え方を変えてみましょう。

何に対しても感謝はできる

当たり前だと思わなければ、何に対しても感謝をすることができます。まず朝、起床をした時に死んでいないこと、身体が自由に動くことに感謝をすることができるはずです。晴れていれば気分が良いことに感謝できますし、雨が降っていれば農作物が育つこと、水不足が解消されることに感謝をすることができるでしょう。電気が付くことに対しても、電気を発明してくれた科学者やインフラ整備をしてくれている人達、電気代を払える仕事を得ることができていることに感謝をすることができるはずです。立ち上がれることに、着る服があることに、歩けることに、電車が走っていることに、会社がつぶれていないことに感謝ができるでしょう。こうして職場の机に向かうまでたくさんの感謝をし、心が満たされた状態で仕事を始めることができるようになります。モチベーションはいつも高い状態を保てるようになるでしょう。

当サイト一押しの記事

  • テーマ型orゴール型
    テーマ型orゴール型

    仕事に対するモチベーションが上がらない人は、自分の性格や資質に合った方法で仕事に取り組んでいない可能性があります。人間は「ゴール型」の人と「テーマ型」の人に分けられると言います。ゴール型の人は、目標をきっちり設定して努力を続けることが楽しい人です。テーマ型の人は、おおまかな目標だけを決めて、その日の気分でやりたいことをすると楽しいと感じる人です。どちらが正しいということではなく、自分に合った方法で仕事を進めることがとても大切です。

  • 一番重要なのは職場の人間関係である
    一番重要なのは職場の人間関係である

    仕事をする上で最も大切なことは、「職場の人間関係」と言っても過言ではありません。人間関係が良いと、自然と仕事に対するモチベーションが上がりますし、人間関係が悪ければモチベーションは決して上がりません。仕事に専念するのではなく、日頃から良い人間関係作りのための努力を惜しまないようにしましょう。努力をしても良い人間関係ができないと判断したならば、転職をして新しい人間関係を一から作りはじめるという選択肢もあります。

  • 全てを自分で決断できる
    全てを自分で決断できる

    会社員として働いていて仕事のモチベーションが上がらない時は、仕事のスタイルを変えてみるのもおすすめです。そこで今回はフリーランスとして活躍することの魅力とメリットについて紹介します。フリーランスになると、仕事内容や年収、仕事をする場所や勤務時間について全て自分で決断をすることが可能です。どうしてもやりたくない仕事は断ることができますし、長期休暇をいつ取るのかも自由です。努力が収入に直結することもモチベーションに繋がるでしょう。