考え方を変えて仕事のモチベーションを上げる

仕事のモチベーションアップにはこれが効く!

特集!

  • 集中できるのは「カフェ」
  • 本音で伝える志望動機

モチベーションを上げる考え方

仕事をしていると、どうしてもモチベーションが上がらない時期に差し掛かることがあります。そのまま地盤沈下していくのか、切り替えて再び上昇するかは、その後のモチベーション次第です。そこで今回は、モチベーションが湧かない時の対応策を紹介していきます。以下で紹介する記事を読み、少し考え方を変化させるだけで、同じように見えていた職場の景色がガラリと変わり、仕事へのモチベーションが回復していくことが分かるでしょう。

  • テーマ型orゴール型

    仕事のモチベーションが上がらない時は、間違った努力の仕方をしている可能性があります。まず自分が「ゴール型」か「テーマ型」なのかを知りましょう。自分に合ったパフォーマンスをすれば、モチベーションが自然と上がってくるはずです。

    詳細へ
  • ゲームの主人公のつもりで行う

    仕事のモチベーションは上がらないのに、ゲームをする時は自然とモチベーションが上がるという人がいます。その場合「仕事はゲーム」だと捉えてみてはいかがでしょうか。自分を勇者に見立てて、楽しみながら仕事をすることができるでしょう。

    詳細へ
  • 全てに感謝の気持ちを持つ

    仕事にモチベーションを持てない時は、感謝の気持ちを大切にしてみましょう。誰かに感謝をする時は、自分の心がプラスの感情で満たされています。自然と前向きな気持ちに切り替わり、仕事に対してもモチベーションが高くなるでしょう。

    詳細へ
  • 自分を無理矢理追い込む

    仕事のモチベーションが上がらない時、目標を達成する自信が湧かない時は「コミットメント」をしてみましょう。みんなの前で目標を高らかに宣言すると、脳が本気モードに切り替わり、達成のための行動を自然と取るようになるはずです。

    詳細へ
  • 「怒り」を利用する

    人は怒りを感じると「はらわたが煮えくり返る」などと表現します。怒りはそのくらい大きなエネルギーを秘めています。このエネルギーをプラス方向に使いましょう。エネルギーの転換ができれば、仕事への高いモチベーションにもなるでしょう。

    詳細へ

当サイト一押しの記事

  • テーマ型orゴール型
    テーマ型orゴール型

    仕事に対するモチベーションが上がらない人は、自分の性格や資質に合った方法で仕事に取り組んでいない可能性があります。人間は「ゴール型」の人と「テーマ型」の人に分けられると言います。ゴール型の人は、目標をきっちり設定して努力を続けることが楽しい人です。テーマ型の人は、おおまかな目標だけを決めて、その日の気分でやりたいことをすると楽しいと感じる人です。どちらが正しいということではなく、自分に合った方法で仕事を進めることがとても大切です。

  • 一番重要なのは職場の人間関係である
    一番重要なのは職場の人間関係である

    仕事をする上で最も大切なことは、「職場の人間関係」と言っても過言ではありません。人間関係が良いと、自然と仕事に対するモチベーションが上がりますし、人間関係が悪ければモチベーションは決して上がりません。仕事に専念するのではなく、日頃から良い人間関係作りのための努力を惜しまないようにしましょう。努力をしても良い人間関係ができないと判断したならば、転職をして新しい人間関係を一から作りはじめるという選択肢もあります。

  • 全てを自分で決断できる
    全てを自分で決断できる

    会社員として働いていて仕事のモチベーションが上がらない時は、仕事のスタイルを変えてみるのもおすすめです。そこで今回はフリーランスとして活躍することの魅力とメリットについて紹介します。フリーランスになると、仕事内容や年収、仕事をする場所や勤務時間について全て自分で決断をすることが可能です。どうしてもやりたくない仕事は断ることができますし、長期休暇をいつ取るのかも自由です。努力が収入に直結することもモチベーションに繋がるでしょう。