フリーランスは全て自分次第!仕事のモチベーションが変わります

仕事のモチベーションアップにはこれが効く!

特集!

  • 集中できるのは「カフェ」
  • 本音で伝える志望動機

全てを自分で決断できる

全てを自分で決断できる

働いた分だけお金を稼げる

フリーランスになるメリットに「働いた分だけお金を稼げる」というものがあります。会社員の場合は、どんなに頑張って成果を出しても、給与にせいぜい残業代が乗る程度です。将来的に管理職などになり努力が報われることがありますが、それは周囲のライバルとの関係性と時の運次第です。
フリーランスの場合は分かりやすく、仕事をすればするほど報酬が増えていきます。そのため、努力次第で劇的に収入を増やすことが可能です。もちろん「仕事がたくさんある」「単価が高い仕事がある」という条件付きです。「仕事がなくなるかもしれない」という危機感も含めて、良い仕事をするモチベーションに変えることが大切でしょう。リスクはありますが、徹夜をして仕事をすれば、その分は収入になって返ってきますし、良い仕事をしてクライアントの信頼を取り付ければ、次の仕事にも繋がります。周囲の評価が高まれば、仕事の収入の単価も上がります。シンプルで仕事のモチベーションを維持しやすい環境だと言えるでしょう。

本当に嫌な仕事はしなくて良い

フリーランスになると「仕事を自由に選べる」というメリットがあります。もちろん自分がしたい仕事ばかりをして暮らせれば最高ですが、実際には本心ではしたくない仕事も金銭的な理由や人間関係を円滑にするために受けなければならないこともあります。その意味では本当に好きな仕事だけを選べるかどうか微妙な所だと言えるでしょう。
それでも「本当に嫌な仕事」は避けることができます。仕事に対するモチベーションを根こそぎ奪ってしまいそうな仕事は、その場で断ることが可能です。企業に勤めていると、どんなに嫌な仕事でも避けることができませんので、これはフリーランスの大きなメリットと言えるでしょう。スキルを上げ、できる仕事のジャンルを増やすことで仕事の幅が広がり、嫌な仕事をしなくても暮らせる可能性が広がります。仕事を自由に選べる状態になるために日頃から努力を惜しまないことが大切になるでしょう。

自分のペースで仕事ができる

フリーランスになると、自分で仕事のスケジュールを組むことができます。クライアントから請け負った仕事を期限までに仕上げることができれば、それまでの期間をどう過ごそうと自由だからです。もちろんお得意様であるクライアントから急な頼まれ事があった場合は、予定を変更して仕事をする必要もあるでしょう。それでも会社員時代に比べれば、相手の都合に合わせて仕事をする機会はかなり少なくなるでしょう。
またスケジュールを上手にやりくりすれば、長期休暇を取りリフレッシュすることもできます。新しいスキルを学ぶための勉強の時間に充てることもできます。夜型生活も朝型生活も可能ですし、仕事場ですら自分で自由に選ぶことができます。自分に合ったペースで仕事をすることで、仕事へのモチベーションを高く保つことができるでしょう。

当サイト一押しの記事

  • テーマ型orゴール型
    テーマ型orゴール型

    仕事に対するモチベーションが上がらない人は、自分の性格や資質に合った方法で仕事に取り組んでいない可能性があります。人間は「ゴール型」の人と「テーマ型」の人に分けられると言います。ゴール型の人は、目標をきっちり設定して努力を続けることが楽しい人です。テーマ型の人は、おおまかな目標だけを決めて、その日の気分でやりたいことをすると楽しいと感じる人です。どちらが正しいということではなく、自分に合った方法で仕事を進めることがとても大切です。

  • 一番重要なのは職場の人間関係である
    一番重要なのは職場の人間関係である

    仕事をする上で最も大切なことは、「職場の人間関係」と言っても過言ではありません。人間関係が良いと、自然と仕事に対するモチベーションが上がりますし、人間関係が悪ければモチベーションは決して上がりません。仕事に専念するのではなく、日頃から良い人間関係作りのための努力を惜しまないようにしましょう。努力をしても良い人間関係ができないと判断したならば、転職をして新しい人間関係を一から作りはじめるという選択肢もあります。

  • 全てを自分で決断できる
    全てを自分で決断できる

    会社員として働いていて仕事のモチベーションが上がらない時は、仕事のスタイルを変えてみるのもおすすめです。そこで今回はフリーランスとして活躍することの魅力とメリットについて紹介します。フリーランスになると、仕事内容や年収、仕事をする場所や勤務時間について全て自分で決断をすることが可能です。どうしてもやりたくない仕事は断ることができますし、長期休暇をいつ取るのかも自由です。努力が収入に直結することもモチベーションに繋がるでしょう。